2024年5月10日金曜日

運営だより(令和6年度第1号)

 運営だより(令和6年度第1号)を発行いたしました。






芝クリーンキャンペーン

5月9日(木)、芝クリーンキャンペーンに部員9名で参加して参りました。

港区協働推進課の鹿嶋さんと共に、放置自転車に警告ステッカーを貼る活動でした。三田通り、赤羽橋南の交差点から三田二丁目児童遊園辺りまでを往復しました。

子供達の通学路にあたる場所ですが、放置自転車の多いこと!9人同時に忙しく貼ることもありました。

今回のキャンペーンで、放置自転車が減ることを祈るばかりです。

余談ですが、「カラスやハト、スズメでお困りの方がいらしたら、ご連絡ください」と鹿嶋さんが仰っていました。港区を綺麗にしてくださる担当の方です。

最後に記念撮影をして、港区グッズのお土産を頂きました。




三田警察署訪問

5月8日、PTA会長の竹田さんと、校外活動部・部長の濱田と副部長・野中で三田警察署までご挨拶に伺いました。
交通総務課長様と交通課の三井様とお会いし、近年の急な道路事情の変化に伴う問題点等を一緒に考え、お話する機会を頂きました。

お話の中で驚いたのは、自転車のヘルメット装着率が9%という衝撃的な低さです。
子供達は学校で交通安全を学んでいるので装着率は高いそうですが、大人の装着率がとても低いとお聞きしました。今年も港区では補助金(港区スマイル商品券2,000円のお渡し)を行っているので、親もヘルメットの装着をして事故を防ぐようにして欲しいと感じました。

他、印象的だったのが歩行者とドライバーとの「アイコンタクト」です。
横断歩道は「右をみて、左をみて、右をみてから渡る」と教えられましたが、歩行者が信号を守っていても事故になるケースがあり、ここ赤羽小学校付近でも何件か交通事故は起きています。
(特に札ノ辻交差点!ご家庭でも子供達にお話をお願いします)

今は子どもに車を見るのではなく、ドライバーの目を見て横断歩道を渡るように伝えるのが有益だと教えて頂きました。


校外では今後も三田警察と一緒に、通学路点検や広報車で事故防止アナウンス、12月の交通安全義士祭に参加します。どうぞ宜しくお願いします。


2024年4月11日木曜日

春の交通安全運動 広報活動

4/10に「春の全国交通安全運動」の広報活動に参加して来ました。

三田交通安全協会青年部の方々と広報車に乗り、1時間ほどマイクで交通安全を呼び掛けました。学区内を中心に回り、赤羽小の前も2回通りました!


今回もお土産を頂きました⭐︎




2024年3月26日火曜日

卒業式(令和6年 3月22日)

 


【会長 祝辞より】


卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。


くまなく全ての一人一人に向けて言います。


あなたの人生の主人公は、あなたです。

それはこの先、何があっても、絶対に変わりません。


あなたの人生においては、

あなたのいる場所が、常に世界の中心です。

なたの向いている方が、常に"前"です。

あなたの人生において、あなたのことは、全てあなたが決めていいんです。

あなたの人生は、あなたのものです。


同じような人生なんて一つもありません。

みんな違います。

違うものは比べても意味がありません。

だから、他の人と比べて落ち込んだり、羨んだり、焦ったりする必要はありません。

あなたの人生です。

誰の目も気にせず、好きなように進めばいいんです。


今も、こうやって見ていると、一人一人が全然違う、それぞれの色、それぞれの光で輝いています。

まるで宇宙です。

一人一人がただただ美しい、一つずつしかない貴重な星です。

どうかそのことを知って、自信を持って、自分の人生を進めていってください。


保護者の皆様、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。

今申し上げた通り、お子様の人生の主人公は、お子様ご本人です。

これからも変わらず、お子様の一番のファン、一番の応援団でいてあげてください。


学校の皆様、行政の皆様、地域の皆様、関係するすべての皆様、

いつも赤羽小学校の子どもを見守り、支え、導いてくださり、本当にありがとうございます。

おかげさまで、今日こうして、たくさんの主人公たちがひしめき合い、輝き合う、素晴らしい光景が広がっています。

どうぞこれからも、彼らを温かくお守りください。


さあ、卒業生の皆さん、あらためてもう一度、言わせてください。

あなたの人生の主人公は、あなたです。

それぞれが、それぞれに、

美しくて、

かっこよくて、

尊くて、

素敵で、

最高の存在です。


そんなあなたをずっとずっと応援しています。

本当におめでとう!